シンプルライフ愛好家 TKCです。

セールの掛け声も徐々に始まる中、
各所では2024年秋冬新作の予約が開始されています。

季節を先取る上で、欠かせないのは、
やはり、パンツでしょう。

とは言え、実際に直ぐに使うものとして、
私が狙うのはアクセサリーが多い訳ですが。(笑)


今回は、

“EDIFICE” “2024年秋冬新作”!予約販売開始!


として、
  1. THARU SILVER ブレスレット
  2. プリントジャージーイージーパンツ
  3. ロロピアーナファブリック ワイドスラックス
をご紹介します。

どれも予約販売ですが、
一定量に到達すればそれで打ち切りになる、
中々レアな取組の仕方になっています。

では、見て行きましょう!


※画像は楽天市場オンラインストア様より引用させて頂いています。
※この記事には楽天アフィリエイト広告が含まれています。





①今後は更に“ハンドメイド”“アクセサリー”が注目される!


THARU SILVER
ダイヤモンドブレスレット

中々レアな少数民族、
“タル―”族からインスパイアされた、
シルバー925製のブレスレット。

ネパールの地で、
全てハンドメイドでつくられる、
とても面白い取組をしています。

可動式のパーツは、
シルバーやメッキを重ねた、
とても他のブランドには無い主張があります。

私の好きなトゥアレグシルバーとも違い、
唯一無二の存在感は、今後更に浸透するのでは。

ブレスレットだけでなく、
リングも展開し、掛け合わせて身に付ける事が可能です。

今後はこうした、
“ハンドメイドアクセサリー”による、
静かな個性が浸透する時代に。

今のうちに他者との違いを手にしておきましょう!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《予約》THARU SILVER(タルー シルバー) Bracelet DIAM...
価格:22,000円(税込、送料無料) (2024/6/22時点)


②“古着”ブームにハマりそうな“総柄”の“イージーパンツ”は手に取り易い!


417 EDIFICE
プリントジャージーイージーパンツ

エディフィスのセカンドラインである、
417EDIFICEのオリジナルアイテムです。

バティック柄やペイズリー柄は、
何気に2024年秋冬に身に付けたいもの。

とろみのあるジャージー素材なら、
柄の主張も適度になって、
ポリ素材なので早めから穿き易い!

私的にデニムシャツに合わせて、
少し演出したい時に、
こうした総柄パンツを使いたくなります。

価格も9,350円と落ち着きがあって、
案外こうした総柄パンツがあれば、
シンプルなトップスでもお洒落に魅せ易いです!

予約量によっては、
店頭に並ばないかもしれないので、
今のうちにチェックしておいてください!




③ラグジュアリーな“ロロピアーナ”の素材をふんだんに使ったワイドスラックス!


LA BOUCLE
ロロ・ピアーナ ファブリック ワイドパンツ

EDIFICEが大人の贅沢品を発信する、
ラブ―クルの最新作です。

何気に浸かっている素材感が抜群で、
ハイゲージのセーターなども展開し、
実はラグジュアリーブランドも使うものを用いています。

最高クラスの素材使いをしている分、
値段は全く可愛くない!(笑)

いくらロロピアーナ素材とは言え、
35,200円なら、デザイナーズブランドのパンツが買えるじゃないか!

そう思われた方は、
是非、一度試してみて欲しいラインです。(笑)

かなり良質さを感じられる、
人と被りにくさ満点で、
着心地と型紙も一級品。

要は、EDIFICEのデザイナーズライン
そう思って手を出してもらうと良い塩梅に。

隠れた名品が多いラインなので、
私の周りのお金持ちさん達が、
実は好んで使っているラインだったりします。

一度試してみる価値はあるので、
是非、チェックしてみてください!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《予約》LA BOUCLE(ラブークル) Loro Piana Fabric ワ...
価格:35,200円(税込、送料無料) (2024/6/22時点)


まとめ

今回は、

“EDIFICE” 2024年秋冬新作
予約展開商品

として、
  1. タル―シルバー ブレスレット
  2. プリントジャージーイージーパンツ
  3. ロロピアーナワイドスラックス
をご紹介しました。

少しでも参考になれば幸いです。

theru silver bracelet by edifice

タル―シルバーの様に、
1点1点がそれぞれ異なる、
1点ものに対して、今後更に注目が集まるはず。

私もオリジナルブランド、
“Shian Design”にて、
ハンドメイドアクセサリーを展開予定ですが、

シルバーはなかなか使う事が出来ない分、
こうしたネイティブアクセサリーは今後も身に付けたい!

予約商品の難点は、
実物が見られない事にある分、
なかなかどうして少数派の利用になりがち。

だからこそ、人と差がつく
そこもこうした予約商品の魅力と言えます。

受注会やこうした予約販売で、
実は良品の中には完売して、
店頭に並ばないモノが多い。

最近は様子見用に予約販売、
受注生産等をする企業も増え、
真偽は定かではありませんが。(笑)

少なくとも、私は、
受注生産というものは、
今後もっと活用されるべきだと思っています。

私も出来れば現物を見てから買いたい、
そう思うタイプなので、

私のアクセサリーも、
何処かで見てもらえるようにしたい、
そう考えています。

ただ、委託費などが入ると、
どうしても高くなるので、
そこも考えつつ、今後を思案していきます!

最後までお読み頂き、
ありがとうございます!

更にシンプルライフを楽しみましょう!

では、また!!


TKC





楽天ルームで毎日“オススメ”アイテムを投稿しています!
↓↓